「ちごりんの里山」ミツバツツジ観察会の視察

 ミツバツツジの自生地の保護活動や里山の保全などを行っている「ちごりんの里山」が、今年も小牧市大山の県有林で3月28日から4月12日までの16日間ミツバツツジの観察会を開催しました。新聞を見て名古屋から来たという方や昨年も参加したというリピーターも含めて参加者は20名ほど。連日の雨の影響で、その日が一番の見頃でした。参加した方は皆さんピンク色の絨毯のように美しいツツジを写真に撮っていました。
 会の代表である橋本さんからの丁寧な解説を受けながら自生地をぐるりと一周。見学後は質疑応答の時間を取り、ミツバツツジのこと以外にも「マツタケはありますか」という質問には「あったら親にも教えない」と冗談を交え和気あいあいとした雰囲気でした。

▲説明を受ける参加者のみなさん
▲ ピンク色の絨毯のようなツツジ

 ( 2020.4.3 伊藤 )

お申込みお問合せ先

名古屋友の会 小牧最寄
TEL/FAX 0568-78-1914(高力)
メール seijotomo@yahoo.co.jp
申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/dist/S224649985/

目次