「大山川をきれいにする会」紅葉の大山川歩きとゴミ拾い

 大山川をきれいにする会は、「大山川を愛する市民の会」の解散をきっかけに、世話人副代表を務めていた環境カウンセラーの小沢通男さんが昨年10月に立ち上げた団体です。

 今回の活動には、38名が参加。年配の方が多い中、お子さん連れで参加された方もいました。集合後はすぐに写真撮影。撮影も密にならないよう呼びかけます。「今日も小牧でコロナの感染者が出たので気を付けて。体を動かして免疫をつけましょう」とあいさつと道順の説明を受けてからゴミ拾いスタートです。皆さん軍手にトングとゴミ袋を持って慣れた足取りで進んでいきます。途中魚の死骸にびっくりする場面もありました。こういったことも「ゴミ拾いの後で共通の話題で盛り上がれるから楽しい」と会の方が話してくれました。不発橋から大井前橋まで行き反対の岸に渡って折り返し、不発中央橋で再度集合。お茶をもらって解散しました。会の中心の方がゴミの仕分けをして各々持って帰っていました。

(2020.11.28 伊藤)

▲集合写真
▲清掃活動をする参加者
お申込みお問合せ先

名古屋友の会 小牧最寄
TEL/FAX 0568-78-1914(高力)
メール seijotomo@yahoo.co.jp
申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/dist/S224649985/

目次