小牧市初「SDGs de 地方創生カードゲーム体験会」を開催しました!

10月16日(土)、小牧市初となる「SDGs de 地方創生カードゲーム体験会」を開催しました。
参加者は市民活動団体で活動される方だけではなく、企業の方や学生の方など、約30名。
講師には、NPO法人Mブリッジ代表理事であり、SDGs de 地方創生カードゲーム公認ファシリテーターの米山哲司さんをお招きしました。

初めて会う方とペアを組みチームを作るため、最初は皆さん緊張の面持ちでしたが、アイスブレイキングの時間で早くも打ち解けているチームが多かったようです。
米山さんより、SDGsについて簡単にご説明をいただき、いよいよゲーム開始。
開始直後から会場は大盛り上がり。「チームの目標を達成」と「会場全体の目標を達成」するという2つのゴールを目指し、参加者で協力し合いました。

結果、会場全体の目標は達成できませんでしたが、チームの目標は達成できたところがいくつかありました。
その結果を踏まえ、個人で、そしてチームで振り返りを行いました。

ゲームを通じて、まちづくりの根本に大切なことを学べた大変有意義な時間となりました。
参加者の方々からも大変満足とのお声を多くいただきました。

米山さんより、「持続可能な開発」とは「将来世代の欲求を満たしつつ、現在世代の欲求も満足させるような開発」だとお話がありました。現実世界ではゲームのようにはいかないことも多々ありますが、今回学んだことを活かしながら、「持続可能な開発」に沿う事業をこまき市民活動ネットワークでも起こし続けていきたいと思います。

目次
閉じる