見たい!知りたい!つながりたい!「知っトクセミナー」第5回を開催しました

11月28日(日)に「食から読み解くココロとカラダのSOS~10人に1人の身近な病、摂食障害を知ろう~」と題して、摂食障害よりみちのみなさんにお話していただきました。

今回も、ワクティブこまき多目的室のリアル会場とオンライン配信(講座部分のみ)で開催しました!

DSC_0735.JPG

前半は、摂食障害よりみちのみなさんから、お話をしてもらいました。

摂食障害よりみちさんは、摂食障害元当事者の方が中心となり、一人で悩んでいる当事者や家族の方の力になりたいと、当事者会や家族会を開催しています。また摂食障害の正しい理解を広めるための活動もしています。

最初に代表の鈴木さんより、摂食障害についての説明がありました。

摂食障害とは、ストレスや孤独な気持ちが積み重なることにより、心と身体が対処能力を超えてしまい起こる精神疾患です。10代~20代の10人に1人が発症しているともいわれています。拒食症や過食症、それらを繰り返すこともあります。

摂食障害になるとどのような行動をとるようになるかなども教えていただきました。

その後メンバーの方から、体験談の発表がありました。

あるメンバーの方は自分に自信がなく、「やせれば自信を持つことができるかも」と思い、その後様々なストレスが重なったことで、摂食障害の発症に至ってしまったそうです。

最後に「摂食障害は治るのか」ということについて、鈴木さんから「完治ではなく、『当事者が感じる恐怖や不安の思いがなくなり、日常生活に支障がなくなること』を『治る』と定義するのがよい。回復には数年~数十年の時間がかかるが、本人の最良なペースで回復していくこと、周りの人たちの理解や支援が大事」とお話しくださいました。

後半の交流会では「やっと回復してきて、ずっと来たかったこの会に来ることができた」(摂食障害当事者の方)という方もいて、当事者やご家族の方、看護師を目指している学生さんなどから感想や質問が飛び交いました。

本講座は現在も動画で視聴できますので、ぜひご覧ください。

YouTube配信はこちらからご覧いただけます。

問合せ先

市民交流テラス ワクティブこまき
〒485-0041 小牧市小牧3丁目555 ラピオ2階

開設時間:10時~21時(日曜日17:30まで)
休館日:第3火曜日とその前日(ただしその日が休日の場合は開館、水曜日が休館)

TEL:0568-48-6555 FAX: 0568-48-6556
E-mail : wactive-komaki@grace.ocn.ne.jp

目次
閉じる