令和3年度の地域に還元チャレンジ助成金の交付団体募集のお知らせ

みなさんのチャレンジを応援します!!~団体を支援する新しい制度がスタート~

地域に還元チャレンジ助成金は、市民活動団体の活動のみならず、生涯学習や趣味的な活動を行う団体がこれまで培ってきた“学びの成果を地域に還元”する活動まで助成対象を広げることにより、生きがいづくりと支え合いの地域づくりを促進することを目的としてスタートした新しい制度です。

たとえば・・・

・ふれあいいきいきサロンで参加者に切り絵や伊勢型紙などを指導する活動
・手芸活動を行う団体による親子を対象としたマスク作り教室
・料理サークルによる「こども食堂」の実施
・芸能団体による老人ホーム等への慰問活動
・子育てサークルによる託児サービス
・ウォーキングクラブによるウォーキング大会の開催
などの活動が助成の対象となります。

応募資格

小牧市市民活動推進条例に基づき「市民活動団体」として登録されていること
※「市民活動団体」とは、次の条件を満たしていることが必要です。

市民活動を行うことを目的とし、

  • 3人以上の会員がいること。
  • 主たる活動が市内で行われていること、または活動の拠点が市内であること。
  • 代表者や運営方法が規約または会則で決まっていること。

団体登録はこちら(Wordファイル)

その他

◇5月中旬~6月初旬※1に開催する企画提案発表会に出席していただきます。

※1 令和3年度については5月15日(土曜日)を予定しています。

企画提案発表会の開催にあたり、事前説明会(5月7日(金曜日)予定)を開催します。必ずご出席下さい。なお、やむを得ない場合を除き、企画提案発表会及び事前説明会を欠席の場合は、原則欠格とさせていただきますので、ご了承下さい。

◇9月に開催予定の「こまき市民活動祭」に参加いただき、活動紹介や団体交流を図っていただきます。
◇翌年度5月中旬~6月初旬に開催する実績報告会に出席していただきます。

助成の種類

・地域に還元チャレンジ助成金 (助成上限5万円・2回まで)募集10枠程度

助成金額5万円(上限)
回数1団体につき2回まで
補助率100% (ただし、助成対象経費のうち)
対象経費団体の設立、活動準備、運営、具体的な活動に要する費用

◇過去に小牧市市民活動助成金交付制度で助成を受けた団体は申請することはできません。
ただし、「はじめる部門」のみで1回だけ助成を受けた団体については、1回に限り申請ができます。

助成の対象範囲

◆ 令和3年度中に行う活動で交付決定の日から令和4年3月31日までに係る経費を助成の対象とします。

◆団体の設立または活動準備に要する費用、団体の運営に要する費用、具体的な活動に要する費用について申請できます。

◆ 助成の対象にならない活動

  • 特定の個人や団体又は構成員のみが利益を受ける共益的・互助的な活動
  • 生涯学習や趣味的な活動に終始し、公益性が認められない活動
  • 政治・宗教・営利目的に関する事業

◆小牧市市民活動助成金との同時申請はできません。

◆ 国、他の地方公共団体、市又は公益法人から他の制度による助成等を受け、又は受ける予定のある場合で、その助成等において、この地域に還元チャレンジ助成金と同一の助成対象経費がある場合は、当該助成対象経費については、助成の対象とできません。

応募の手続き

◆ 応募受付期間 令和3年4月1日(木曜日)~5月1日(土曜日)※
※ 書類提出の前に必ず下記問合わせ先に事前にご相談下さい。

◆提出書類
 1.地域に還元チャレンジ助成金交付申請書(様式第1)
2.団体活動計画書(様式第2)
3.助成金収支予算書(様式第3)
 4.団体の規約、会則等
 5.団体の年間事業計画書
 6.団体の会員名簿
 7.直近の団体全体の決算書(※設立1年未満の団体を除く)

※募集要項、申請書のダウンロードや詳細はこちら

令和3年度市民活動助成金はこちら

応募先
市民交流テラス ワクティブこまき(ラピオ2階)
月~土:午前10時から午後9時 日曜日:午前10時から午後5時30分
休館日:毎月第3火曜日とその前日(その日が休日の場合は開館、水曜日が休館)
(電話)48-6555 (ファクス):48-6556
(E-mail)wactive-komaki@grace.ocn.ne.jp

問合せ先

市民交流テラス ワクティブこまき(ラピオ2階)
(電話)48-6555 (ファクス):48-6556
(E-mail)wactive-komaki@grace.ocn.ne.jp

支え合い協働推進課 市民協働係(市役所本庁舎3階)
(電話)76-1629 (E-mail)kyodo@city.komaki.lg.jp

目次
閉じる